ミケルソン、マキロイ...相次ぐコンビ解消に見るキャディーとの関係性

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 世界ランキング4位のロリー・マキロイ(28歳/北アイルランド)が、9年間タッグを組んできたキャディー、JP・フィッツジェラルド氏とのコンビを解消したというニュースが飛び込んできた。

 およそ1カ月前にも、フィル・ミケルソン(47歳/アメリカ)が25年間も一緒に戦ってきた、「ボーンズ」の愛称で知られるキャディーのジム・マッケイ氏とのコンビに終止符を打ち、別々の道を歩むことが発表されたばかり。大物ペアの相次ぐ"別離"によって、ゴルフ界は少しばかり騒然としている。

 コースで戦う選手にとって、キャディーは唯一相談できる同志だ。ティーショットの狙いどころや、ピンまでの正確なヤーデージを選手に伝え、風を読んで、クラブを選択する。グリーン上では難解なラインを選手とともに読む。また、プレーに関わることばかりではなく、苛立ちの募った選手の気分を和らげたり、前向きな気持ちにさせたり、ときにはメンタル面でのサポート役を果たすこともある。

 実際に最近、マキロイとフィッツジェラルド氏との関係において、そうした選手にとってのキャディーの重要性を示した出来事が話題となった。

 それは先のメジャー第3戦、全英オープン初日に起こったことだ。出だしからショットが乱れていたマキロイは、ラフからラフへと渡り歩いていた。不調なのは見るからに明らかで、3番ホールから4連続ボギーを叩くなど、前半だけで5オーバーと大きく崩れた。

この記事の続きを読む

1