サニブラウン、世界陸上100m決勝進出へ「絶好のチャンス」だった

 世界陸上ロンドン大会・男子100mは、日本勢にとって世界の壁の厚さを感じるレースとなった。走る才能だけではなく、物怖じすることなく自然体で臨める心の強さを持つサニブラウン・アブデル・ハキームでさえ、簡単には打ち破れないのが決勝進出という壁だった。

 初日の8月4日から始まった男子100m。3人がフルエントリーした日本は予選を全員が通過し、日本短距離初となる3名の準決勝出場を果たした。

 自己ベスト9秒台が3人いる第4組を走ったケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は、後半に上体が硬くなって10秒21で4位。第6組の多田修平(関学大)はウサイン・ボルト(ジャマイカ)の隣というプレッシャーのかかるなか、中間過ぎまでボルトなどを抑えて走り10秒19で4位と好走。ともに4位以下のタイム上位者で拾われ準決勝に進んだ。

 3人の中で際立った走りを見せたのはサニブラウンだ。サニブラウンもまた、9秒台を持つ強敵である11年世界王者のヨハン・ブレイク(ジャマイカ)と同組を走った。ブレイクは今季、6月のジャマイカ選手権を制しながらも7月のダイヤモンドリーグは股関節の不安のために欠場。ベストな状態ではなかった。そんなブレイクを横目に、サニブラウンは力むことなく、スムーズなスタートからの加速で離していく。向かい風0.6mのなか10秒05の自己ベストタイで1位通過を果たし、度胸のよさを見せた。

「緊張しないので逆に大丈夫かなと思ったけど、まずまずでした(笑)。ちょっと寒かったので心配でしたが、体は動いたので......。ブレイクはいましたが、自分は自分なので、レースに集中していけたのはよかったと思います」

この記事の続きを読む

1