あのクビサがF1に帰ってきた。6年ぶりドライブで現役復帰は見えたか

 8月2日の朝9時前――。もうすでに強い陽射しが降り注ぎ、気温が30度に達しようかという暑さのハンガロリンクは、異様な興奮に包まれていた。

「ロベ〜ルト・クビッツァ! ロベ〜ルト・クビッツァ!」

 まるで熱狂的なサポーターで溢れかえるサッカースタジアムのように、巨大なフラッグや横断幕が並ぶグランドスタンドからは大合唱が聞こえてきた。ルノーのピットガレージ前には大勢の報道陣が詰めかけ、マシンが通る動線を確保しようとチームクルーが押しのける。

 やがて時計の針が午前9時を指し、グリーンシグナルが灯(とも)ると、ルノーのガレージからエンジン音とともに黄色いマシンが姿を現した。大歓声はさらにその勢いを増し、1周のインストレーションチェックを終えたマシンが帰ってくると、大きな拍手に包まれた。

 R.S.17のコクピットに座っていたのは、ロバート・クビサ(ポーランド)。彼にとっては、実に6年ぶりの本格的なF1ドライブだった。

 ポーランドからやってきた熱心なファンたちは、この瞬間を何年も待ちわびていたのだ。

 フェルナンド・アロンソがその速さを認める逸材のクビサは、BMWザウバーで2008年に1勝(第7戦・カナダGP)を挙げ、将来の活躍が期待されていた。しかし、2011年2月に趣味で参戦していたラリーで大事故を起こし、ガードレールが車体を突き破って右腕切断も検討されるほどの重傷を負った。

この記事の続きを読む

1