「大鵬の孫で貴闘力の長男」は、プロレスと総合格闘技で頂点を目指す

 大相撲の"昭和の大横綱"大鵬(故・納谷幸喜氏)の孫で、元関脇・貴闘力(鎌苅忠茂氏)の長男である納谷幸男(22歳)が、9月14日にプロレスデビューを果たすことが決まった。それに先駆けて行なわれた8月4日の記者会見で、197cm、130kgの恵まれた体を持つ納谷は、「祖父と父があれだけ偉大な人物なので、その名前ばかり先行しないように、自分の実力で認めていただける選手に成長したい」と決意を語った。

 納谷は埼玉栄高校を卒業後、2013年3月に初代タイガーマスクの佐山サトルに弟子入りした。佐山が主宰するリアルジャパンプロレスのセコンドにつき、初めてプロレスを目の前で見て、「今までのプロレスのイメージが覆されました。『これが本物のプロレスなんだ。すごいな』と思いました」と、さらに魅力にとりつかれていく。

 ところが、本格的に修行を開始した矢先の2014年に、内臓疾患で入院。幸いにして症状が悪化する前に治療を行なうことができたため、命に別条はなかったものの、療養に約1年を要した。手術の影響で体重が10kgほど落ちるなど、予期せぬ大病との闘いを経て、入門から4年で悲願のデビューにこぎつけた形だ。

この記事の続きを読む

1