吹き荒れるマネーの嵐で混戦に。プレミアリーグを制するのはどこだ?

「クロスボールを1本上げるのに、いったいどれだけの費用が必要なのか──」

 皮肉交じりにそうつぶやいたのは、元イングランド代表FWのガリー・リネカーだ。冒頭のコメントは、英国人ディフェンダーとして史上最高額となる5300万ポンド(約76億円)でトッテナム・ホットスパーからマンチェスター・シティに移籍した右サイドバック(SB)、DFカイル・ウォーカーの商談が成立した直後のコメントである。

 しかも、マンチェスター・Cは左SBのDFベンジャミン・メンディを5400万ポンド(約78億円/前モナコ)、左右両SBでプレー可能なDFダニーロを2700万ポンド(約39億円/前レアル・マドリード)で獲得した。ジョゼップ・グアルディオラ監督がサイドバックを戦術上のキーポイントと捉え、人員の総入れ替えが必要だったという事情はあるにせよ、SBだけで1億3400万ポンド(約193億円)もの巨費を投下しているのは極めて異例と言っていいだろう。

 ただ、記録的な補強が続いているのは、マンチェスター・Cに限った話ではない。

 マンチェスター・ユナイテッドがFWロメル・ルカクに7500万ポンド(約108億円/前エバートン)を費やせば、そのベルギー代表FWを取り逃したチェルシーもFWアルバロ・モラタを7060万ポンド(約102億円/前レアル・マドリード)で補強。アーセナルはFWアレクサンドル・ラカゼットをクラブ史上最高額の4650万ポンド(約67億円/前リヨン)で迎え、前出のマンチェスター・Cもポルトガル代表MFのベルナルド・シウバを4300万ポンド(約62億円/前モナコ)で加えた。

この記事の続きを読む

1