香川真司は未だベンチ外。今季の形が見えないドルトムントは大丈夫か

 ブンデスリーガ開幕まであと1週間あまりというのに、ドルトムントは視界不良のままだ。

 昨季のドルトムントはリーグ戦こそ3位に終わったものの、ドイツ杯では決勝でフランクフルトを下し優勝。それなりの結果を残したシーズンとなったが、そのドイツ杯決勝直後にトーマス・トゥヘル監督をクビにした。ヨアヒム・ヴァツケCEOが直々に公式ウェブサイトで釈明コメントを発表せざるを得ないほどの異例の人事だったが、トゥヘルがチーム内部でよほど不評を買っていたのだろうと推測された。 

 後任のピーター・ボス新体制でスタートした今季だが、ここまでのトレーニングマッチは7戦して3勝1分3敗という成績に終わっている。まずチームが始動してすぐに行なった4部のロートヴァイスエッセンとの試合に2−3で敗れたものの、アジアツアーでは浦和レッズとAC ミラン(イタリア)に連勝。ところがドイツに戻って2部のボーフムと引き分けると、キャンプ地でベルガモ(イタリア)とエスパニョール(スペイン)に連敗している。

 先週末には今季初の公式戦、リーグ優勝チームとカップ戦優勝チームが戦うスーパーカップが行なわれ、PK戦の末にバイエルンに敗れている。ちなみにそのバイエルンもプレシーズンは絶不調で、現地では「問題あるチーム同士の対決」などと揶揄されていた。

この記事の続きを読む

1