ダルビッシュ加入で試練の前田健太。もしローテを外れても恥ではない

 今シーズン、ここまで20戦に登板(先発は18度)し、10勝4敗、防御率3.69。MLBの日本人投手トップの勝ち星が示す通り、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太の成績は立派なものに思える。

 8月8日に先発したアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でも、5回を投げて4安打1失点と好投した。リリーフ投手が逆転を許したために勝ち星はつかなかったが、十分に自らの役割を果たしたと言えよう。

 この登板の2日前、前田に「ドジャースが破竹の勢いで勝っていることは、逆にプレッシャーになるのでは?」と聞くと、こんな答えが返ってきた。

「野手、リリーフ陣の状態がいいというのは、プラスになっていると思う。先発ピッチャーが粘っていけば、勝利に近づくと思いながらマウンドに上がっています。変なプレッシャーはないですかね。正直、そこまで考えてないです」
 
 その言葉通り、ダイヤモンドバックス戦の前田の投球には落ち着きが感じられた。
 
 今シーズンの前田は、最初の4戦こそ19イニングで17失点と乱れたが、4月23日以降は16試合(先発は14度)で9勝2敗。防御率も2点台をキープしている。この14度先発した試合でドジャースは11勝を挙げており、前田の貢献度は大きい。

この記事の続きを読む

1