関根貴大、ドイツ2部デビュー。身長164cmでも大男たちに負けず

 またひとり、日本人選手の挑戦がドイツで始まった。8月上旬に浦和レッズからドイツ2部インゴルシュタットに移籍した関根貴大(たかひろ)が、第3節ヤーン・レーゲンスブルク戦で61分から途中出場した。

 チームは関根の投入後に3点を奪われ、2−4の逆転負けで開幕3連敗。自身もクリアミスからチームの3失点目に絡み、ほろ苦いデビュー戦となってしまった。

「もっとやらなきゃいけないというのは感じました。雰囲気だったり、相手の勢いだったり、サッカーだったり、全部が日本と違うので、それに慣れてきたらやれるのは当然ですけど、こういう厳しい、来てすぐの中で結果を残したかったです」

 試合後、背番号22番はそう言って悔しさを滲ませた。

 3−4−3の右MFとして入った関根に与えられた指示は、攻撃ではサイドに基点を作って幅を出すこと、守備では後ろに戻るのか、前にプレッシャーをかけにいくのかを的確に判断することだった。ただ、インゴルシュタットは関根が投入される前からカウンターによる攻撃を簡単に許してしまっており、関根も守備に追われる時間が多くなった。

 加入から10日足らず。実戦で初めて体験するドイツ2部のサッカーだった。1部に比べて2部では、戦術や技術よりも、1対1や激しい体のぶつかり合いが重視される。対戦相手のレーゲンスブルクは3部からの昇格チームとあって、その傾向はより顕著だった。

この記事の続きを読む

1