夢のW杯に近づくアイスランドの本拠地は、凄いパワースポットだった

 まだ一度もW杯に出場したことのない小さな島国が、ついに夢の舞台にたどり着くのだろうか。

 昨夏、フランスで開かれたユーロ2016に初出場し、イングランドを破るなどしてベスト8進出。その勇猛果敢な戦いぶりで、一躍大きな注目を集めたアイスランドが、W杯出場に近づいている。

 ヨーロッパ予選グループIを戦うアイスランドは9月5日、首都レイキャビクにウクライナを迎え、2−0で勝利した。

 前節終了時点で勝ち点13の3位につけていたアイスランドは、勝ち点14で2位のウクライナを下したことにより、グループ2位(勝ち点16)にランクアップ。同じ日、首位のクロアチア(勝ち点16)が4位のトルコ(勝ち点11)に敗れたことで、ポイントのうえではついにトップをとらえた(得失点差でクロアチアが上位)。

 プレーオフへ進出できる2位はもちろん、自動で本大会出場が決まる1位にも手の届く位置につけるアイスランド。夢だったW杯出場が少しずつだが、確実に現実味を帯び始めてきた(ヨーロッパ予選は9グループで行なわれ、各組1位は本大会出場。各組2位のうち、成績上位の8カ国がプレーオフに進出し、勝ち上がった4カ国が本大会に出場する)。

この記事の続きを読む

1