全米オープンで6勝、最高は3回戦。日本女子テニスは強くなったのか

 今季最後のグランドスラムとなるUS(全米)オープンテニスで、日本女子選手は、本戦に6名が名を連ね、国別の出場人数ではフランスと並んで4位タイの記録となった(1位はアメリカの18名)。

 その中で、3回戦に進出した大坂なおみ(WTAランキング45位、8月28日付け、以下同)以外にも、奈良くるみ(116位)が3回戦に進出。さらに日比野菜緒(80位)と尾崎里紗(96位)が2回戦に進出し、久しぶりにグランドスラムの舞台で日本女子の存在感を少なからず示すことができた。

 USオープンでは5年連続で初戦突破をした奈良は2回戦で、第8シードのスベトラナ・クズネツォワ(8位)を6−3、3−6、6−3で初めて破る大勝利をつかんだ。勝利の瞬間、両手を上げて大きなガッツポーズをつくった奈良にとっては、トップ10選手からの初勝利となり、彼女の地道な努力が実を結んだ瞬間となった。

 クズネツォワは2004年のUSオープンチャンピオンで、トップ10に返り咲いた32歳のベテラン。フォアハンドストロークが強力なクズネツォワに対して、奈良は対等のラリーをして25本のウィナーを奪い、逆にクズネツォワからは45本のミスを引き出した。

「大舞台で結果が出て、とにかく嬉しい。USオープンでいい結果をという希望を持って、それがモチベーションになっていた。トップ選手とやると、もっと仕掛けなきゃとか、もっと打たなきゃという思いがあったんです。自分でやらないといけないプレーはイメージできていたので、それをコートで出してみようと思った。それが落ち着いてできた。攻め急がないで、打てるボールを見極めた」

この記事の続きを読む

1