阪神かDeNAか巨人か。セ・リーグCS争いは「この選手」で決まる

 セ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)争いが熾烈をきわめている。

 9月12日の時点で、DeNAは4位の巨人と0.5ゲーム差なしの3位。

「非常に厳しい状況。相手がどうあれ、DeNAは総力戦で勝ち続けなくてはいけない」

 こう危機感をあらわにするのは、ベイスターズOBで評論家の野村弘樹氏だ。

「(9月)8日からの阪神タイガース戦で3連敗を喫して状況は一変しました。私としては24日からの阪神との5連戦が勝負だと思っていたのですが、もはや巨人にピタリとつけられていることを考えれば、今後、簡単にゲームを落とすことはできません」

 ではDeNAはどう戦っていけばいいのか。野村氏は大胆な提言をする。

「打撃に関しては筒香(嘉智)が打つか打たないかでベンチの雰囲気が変わるので、彼にかかっているところは大きい。とはいえ、攻めの姿勢を見せる意味でも、やはり重要なのは投手陣になると思います。あくまでも私個人の考えですが、残り16試合なのですから、ここは先発の枚数を減らして、不安があるブルペンを厚くすることが求められます。たとえば、比較的安定しているウィーランドを中4日でまわし、今永(昇太)や石田(健大)などを中5日で登板させる。なかでもキーマンになるのは、今シーズン力を発揮できていない井納(翔一)です。現在、井納は5勝9敗ですが、本来なら最低でも勝敗が逆になっていなければいけない。若いサウスポーの先発が多いなか、右の日本人ピッチャーとしてチームの士気を高めるためにもシーズン最後にしっかりと仕事をしてほしい」

この記事の続きを読む

1