リベラやボンズも虜に。日本人トレーナーの先駆者が見たMLBの裏側

 メジャーリーグの多くのスーパースターたちに治療を施し、重宝されてきた日本人マッサージ・セラピストがいる。現在、トレーナースタッフの一員としてニューヨーク・メッツに在籍する西尾嘉洋(57歳)だ。

 バリー・ボンズ、マーク・マグワイア、リッキー・ヘンダーソン、マリアーノ・リベラ、ブライス・ハーパー......。西尾のマッサージを愛してきたビッグネームは枚挙にいとまがない。そして、1990年代から西尾が切り開いてきた道を通り、今では多くの日本人トレーナーがアメリカで活動するようになった。

 野茂英雄が近年の日本人メジャーリーガーの先駆者なら、西尾は日本人マッサージ・セラピストのパイオニア。フィールド外で活躍するメジャーの大ベテランに、渡米に至った経緯、仕事内容、スター選手たちの思い出、日米の違いなどについて語ってもらった。

***

――まずは、メッツでの1日のスケジュールを教えていただけますか?

「夜7時開始のナイトゲームの場合、私は午後1時くらいに球場入りします。選手たちは午後2時頃に集まってきて、『ここが痛い』『あそこが張っている』と訴えてくるので、順番に治療し、マッサージで痛みをとってあげます。打撃練習が始まった後も、その日に打たない選手が訪ねてくることがありますし、ゲーム中にはクローザーやブルペンのリリーフ投手たちが来たりもします。あくまで選手の状態次第なので、仕事内容は日々変わります」

この記事の続きを読む

1