女傑ファンディーナのローズS。皐月賞の敗戦でどれだけ強化されたか

 今週末9月17日に阪神競馬場で行なわれるGIIローズS(芝1800m)は3歳牝馬による重賞。GI秋華賞(10月15日/京都・芝2000m)のトライアル競走で、秋華賞を占う意味でも必見のレースだ。

 このレースは春の実績馬が出走することが多く、今年も豪華メンバーが揃った。GIオークス馬ソウルスターリングこそ、古牡馬戦線に向かうことになり不在だが、桜花賞馬レーヌミノル、同2着のリスグラシュー、GIIフローラSを勝ち、オークス2着のモズカッチャン、GIIフィリーズレビュー勝ち馬カラクレナイ、JpnII関東オークス勝ち馬クイーンマンボなど春の牝馬重賞戦線の活躍馬が大挙して出走を予定している。

 そんな中でも大きな注目を集めるのがファンディーナ(牝3/栗東・高野友和厩舎)だろう。春は牝馬のクラシックではなくGI皐月賞に出走した同馬は、牝馬の一線級とは初めての対戦となる。

 同馬は今年の1月22日の新馬戦(京都・芝1800m)で2着に9馬身差をつける圧勝で衝撃のデビューを果たすと、続く500万下特別のつばき賞(2月19日/京都・芝1800m)では上がり3F(ハロン)33秒0という驚異の瞬発力を見せ、差し切り。そして重賞初挑戦となったGIIIフラワーC(3月20日/中山・芝1800m)では2番手から楽々と抜け出し、2着に5馬身の差をつけてデビューから3連勝で重賞勝ち馬となった。

この記事の続きを読む

1