トロロッソからF1緊急参戦か。SF連勝のP・ガスリーが意味深な笑顔

 9月9日〜10日、スーパーフォーミュラのシリーズ第5戦が大分県・オートポリスで行なわれ、21歳のピエール・ガスリー(TEAM無限)が前戦の第4戦もてぎに続いて2連勝を果たした。また、このレースウィークにはガスリーがF1に緊急参戦するのではないかという噂も浮上し、フランス出身の若武者にさらなる注目が集まっている。

 昨年は熊本地震の影響で中止となったため、2年ぶりの開催となったオートポリスには土曜から熱心なレースファンが集まった。前戦のもてぎと同様に、この第5戦でもグリップ力が高い一方で劣化の早いソフトタイヤを導入。オートポリスでは初となるタイヤ2スペック制での戦いとなった。

 予選5番手からスタートしたガスリーは、スタートで一気に2番手まで浮上すると、トップを走る野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)との一騎打ちの展開になる。しかし、グリップ力の高いソフトをチョイスしたガスリーが、ミディアムを選択した野尻をなかなか抜くことができず、レースは次第に膠着状態となった。

 そこでガスリーはリズムを変えるべく、20周終わりにピットイン。ミディアムタイヤに履き替え、コース復帰後は懸命にプッシュした。その結果、チームが迅速なピット作業で送り出したことも功を奏し、タイヤ交換を終えてコースに戻ってきた野尻を逆転。40周目、ついにガスリーはトップに浮上した。

この記事の続きを読む

1