【国際プロレス伝】マイティ井上は、アニマルが尊敬するナニワの先輩

【第17回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

 柔道仕込みの受け身・関節・絞め技と、ボディビルで鍛えた肉体。それらを武器に18歳でプロレスデビュー。それが、国際プロレスで「マットの魔術師」と呼ばれたマイティ井上だ。ヨーロッパ遠征でその実力が開花すると、グレート草津やラッシャー木村を追い抜いてIWA世界ヘビー級王座を奪い、タッグマッチでも数々のタイトルを獲得。ときにはタッグパートナーとしてともに戦いながら、多くのことを学んできたアニマル浜口が井上の強さの秘密、そしてプロレスラーとしての魅力を説く。

◆マットの魔術師・マイティ井上(1)

「マイティ井上さんと寺西勇さんは、僕にとってもっとも身近な先輩、という感じでしたね。一緒に戦わせていただいていましたし、おふたりとも僕と背格好がほとんど同じでしょ(井上=175cm・105kg、寺西=175cm・100kg、浜口=178cm・103kg)。だから入門したときからずっと見続けて、いいところを盗みながら学ばせていただきました」

 アニマル浜口は、今もマイティ井上、そして寺西勇への感謝を忘れていない。

「特に井上さんは年齢こそ2歳年下ですけど、ナニワトレーニングセンターの先輩で、僕と同じくナニワの荻原稔会長から国際プロレスの吉原功(よしはら・いさお)社長を紹介されてプロレス入りされました。僕がナニワでトレーニングするようになる前に国際プロレスに入門しているので、すれ違いでしたけど。自分と同じような道を辿った先輩がプロレスラーとしてデビューし、リングに上がって活躍されていたわけですから、勇気が湧いたというか、『自分もがんばればプロレスラーになれる』という気持ちになりました」

この記事の続きを読む

1