「ノックアウト勝ち」を狙うテクニックをK−1王者・武尊が明かす

 K−1 WORLD GPのフェザー級王者で、史上初の2階級制覇を果たした「ナチュラル・ボーン・クラッシャー」の異名を取るK−1ファイターの武尊(たける)選手。9月18日には「K−1 WORLD GP 2017 JAPAN」に出場予定で、フェザー級のタイトル防衛戦を控えている。そんな武尊選手がライブイベント『ALE14(エイル・フォーティーン)』(8月23日 東京・恵比寿アクトスクエアにて開催)に参加し、自らの戦い方、こだわりについて語った。

■敵と戦う際に有効な「3つの倒し方」

 まず武尊選手は「敵の倒し方」をテーマにプレゼンテーションを行ない、相手にダメージを与える有効な攻撃を解説。武尊選手が挙げたのが、「足にダメージを与える」「お腹にダメージを与える」「脳を揺らす」という3つをポイントだった。

「足にダメージを与える」は、足をローキックで攻めることでダメージを蓄積し、踏ん張りきれずに相手が倒れるのを狙う攻撃。

「お腹にダメージを与える」とは、急所である"みぞおち"の攻撃。みぞおちにダメージを与えると、横隔膜の動きが一瞬止まり、相手は呼吸困難に陥ってしまう。

「脳を揺らす」は、頭のこめかみやアゴを殴ること。クリーンヒットすると脳が揺れて脳震とうを起こし、一時的に体に信号を送れなくなってしまう。特にアゴへの攻撃は有効だと、武尊選手は言う。

「直接、相手の頭にパンチを当てると、むしろ自分の手が折れたりしますので、狙うのはアゴです。体が小さくてもキレのいいパンチがアゴに当たれば、大きな相手でも倒すことができます。あと、もうひとつの急所として狙うのが"こめかみ"です。ここにヒットすると、頭が揺れやすいんです。あとはどれだけ"キレるパンチ"を打てるかです」

この記事の続きを読む

1