ラグビーW杯まで2年。新たに日本代表入りを狙う8人の外国出身選手

 9月20日、水曜日――。日本で2019年に開催される第9回ラグビーワールドカップの開幕まで、ちょうどあと2年となる。

 日本代表経験もあるニュージーランド出身のジェイミー・ジョセフがラグビー日本代表(世界ランキング11位)の指揮官に就任したのが1年前。今後はある程度メンバーを固定しながら、11月にはオーストラリア(5位)とフランス(8位)、来年には「オールブラックス」ことニュージーランド(1位)、そしてイングランド(2位)ら世界の強豪と戦い、強化の歩みを進めていく予定だ。

 ただ、南アフリカからの白星を含む予選プールで3勝を挙げた2015年大会がそうだったように、2019年のW杯で2015年の9位を上回る「ベスト8以上」を達成するには、やはりFL(フランカー)リーチ マイケル(東芝)、No.8(ナンバーエイト)アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)といった外国出身者や外国人選手の助けも必要となるだろう。

 エディー・ジャパン時代も、特にFW(フォワード)ではラインアウトや空中戦の要となるLO(ロック)やFL、No.8といった第3列、BK(バックス)でもっともパワーが必要なアウトサイドCTB(センター)は外国出身選手の力を借りた。逆に言えば、世界の強豪と互角に戦うために、これらのポジションには対抗しうる日本人選手が少ないのが実状である。

この記事の続きを読む

1