あの松原良香が研究中。小国ウルグアイからスアレスが生まれる理由

■松原良香の南米サッカーレポート(後編)
 W杯南米予選もたけなわの8月後半から9月にかけて、元日本代表FWの松原良香氏は、現役時代にプレーしたこともあるウルグアイに滞在していた。現在、松原氏はストライカーについての研究論文を執筆している。特に南米に注目するのは、例えば2014年ブラジルW杯の大陸別成績として、次のようなデータがあるからだ。

南米(6カ国)=13勝2分3敗 1試合当たりの平均勝ち点2.3 
総得点44、1試合平均得点2.44/総失点35、1試合平均失点1.94

欧州(13カ国)=18勝7分14敗 平均勝ち点1.6
総得点83、1試合平均得点2.13/総失点60、1試合平均失点1.54

北中米(4カ国)=5勝3分4敗 平均勝ち点1.5
総得点16、1試合平均得点1.33/総失点19、1試合平均失点1.58

アフリカ(5カ国)=3勝3分9敗 平均勝ち点0.8
総得点19、1試合平均得点1.27/総失点32、1試合平均失点2.13

アジア(4カ国)=0勝3分9敗 平均勝ち点0.3
総得点9、1試合平均得点0.75/総失点25、1試合平均失点2.08

この記事の続きを読む

1