オールカマーで思い出す、「中山マイスター」マツリダゴッホの秋祭り

――アッと言わせましたね?

「いやぁ〜、僕が『アッ』と言っちゃいました」

 2007年のグランプリ、GI有馬記念(中山・芝2500m)。9番人気と人気薄のマツリダゴッホを勝利に導いた主戦の蛯名正義騎手は、レース後の勝利インタビューで少しおどけてそう語った。

 ウオッカ、ダイワスカーレットという、この年の競馬シーンを沸かせた牝馬2頭を相手にしての堂々の勝利だった。

 前走のGI天皇賞・秋、府中(東京競馬場)の芝2000mでは15着と惨敗を喫した。だが、舞台が中山に替わると、まるでそれが"なかったこと"のように、圧巻のパフォーマンスを披露したのだ。

 本当に不思議な馬だった。

 この頃から、誰が言うともなく、マツリダゴッホは「中山マイスター」と呼ばれるようになった。

 中山コースが得意な"中山巧者"なら、条件馬を含めて他にもたくさんいる。しかし、「マイスター」と敬意をもってその巧者ぶりを称えられるのは、マツリダゴッホしかいない。

 27戦10勝、うちGI1勝。その成績は、A級馬のものとしては物足りない。ところが、これが中山に限れば、13戦8勝、2着1回、3着1回、着外3回(うち1回は落馬による競走中止)。しかも、8勝のうち6勝は2007年の有馬記念を含めて、すべて重賞だ。

 A級馬として相応しい実績と言える。彼にとって、中山はまさに"庭"だったのである。

この記事の続きを読む

1