「145キロの遅球投手」がサイ・ヤング賞2人と、まさかの最多勝争い

 ア・リーグのホームラン王争いがアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)を筆頭に盛り上がっているのに対し、ナ・リーグの打撃部門で目が離せないのが首位打者タイトルの行方です。今シーズンはふたりの30代プレーヤーが初タイトルを獲るべく僅差で争っています。

 現地9月18日現在、打率.332でリーグトップを走っているのはコロラド・ロッキーズに所属する31歳のチャーリー・ブラックモン。2008年のドラフト2巡目・全体72位でプロ入りした左打ちの外野手です。2011年にメジャーデビューを果たし、2014年は外野のレギュラーに定着してオールスター初選出。2015年にはリーグ3位の43盗塁をマークするなど、「走って打てる中距離ヒッター」として名が知られるようになりました。

 ブラックモンのすごいところは、打率だけでなくパワーでも著しい成長を遂げている点です。2016年に自己最多の29本塁打をマークして初のシルバースラッガー賞に輝くと、今年はオールスターゲーム前日のホームラン競争にも出場しました。現在35本塁打をマークしており、ナ・リーグ3位タイにつけています。

 また、1番バッターながら今季すでに93打点を記録するなど、チャンスに強いことも特筆すべき点です。1番バッターで「30本塁打・80打点」以上をマークしたのはナ・リーグ史上4人目の快挙。いまやブラックモンは「現役最高のリードオフマン」と言っても過言ではないでしょう。

この記事の続きを読む

1