メッシ4点vs乾貴士0点。バルサの「個の力」に粉砕され悔しさ爆発

 リーガエスパニョーラ第5節。よほど悔しかったのだろう。カンプ・ノウのミックスゾーンに乾貴士(エイバル)は姿を見せなかった。たとえ自身のパフォーマンスがよくない試合でも、しっかりとメディア対応をしてくれる日本代表MFだが、6対1で敗れたバルセロナ戦は、さすがに堪えたに違いない。

 バルセロナが取った6得点のうち4得点がリオネル・メッシのもの。今シーズン開幕5試合で11得点と、アルゼンチン人FWは順調に得点を量産している。しかも、その得点の仕方はバラエティに富んでいる。

 1点目のPKは昨シーズン最終節で対戦したとき同様に議論を呼ぶものだった。乾が2得点を決めた試合と同じ審判、アレハンドロ・ホセ・エルナンデス・エルナンデスがバルセロナに得点のチャンスを与えたのだ。

 2点目は左ポスト、ギリギリのラインを正確に射抜いたシュート。3点目はカウンターからDF2人にプレッシャーをかけられながらも強引に決めたもので、メッシのサッカー選手としての力と技をあらためて感じさせた。そして試合の大勢が決まった後に決めた4点目は、アレイクス・ビダルの折り返しをダイレクトで簡単に合わせ、彼の尽きないゴールへの貪欲さを感じさせるものだった。

この記事の続きを読む

1