ダービー馬に逆らえない神戸新聞杯も「ヒモ勝負」2頭で配当ウハウハ

 3歳牡馬クラシックの最終戦、GI菊花賞(10月22日/京都・芝3000m)のトライアル戦となるGII神戸新聞杯(阪神・芝2400m)が9月24日に行なわれる。

 GI日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)を制したレイデオロが参戦。このあとは、古馬のGI戦線となるジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)へと駒を進めるというが、馬券検討においてはその存在を無視することはできない。

 実際、過去10年の神戸新聞杯を振り返ってみても、ダービー馬が参戦した場合、その馬がきちんと勝利を飾ることが多い。2008年のディープスカイ、2011年のオルフェーヴル、2014年のワンアンドオンリーらがそうだ。また、2010年のエイシンフラッシュも、敗れたとはいえ僅差の2着。勝ったのは、ダービー2着のローズキングダムだった。

 ローズキングダムの他にも、2013年のエピファネイア、2016年のサトノダイヤモンドとダービー2着馬の優勝例も多い。つまり、ダービー上位組が順調に夏を過ごして神戸新聞杯に臨んできたら、休み明けでもその力に逆らうことはできない。

 こうした傾向から、今年もレイデオロの牙城は磐石と見ていいだろう。

 では、まったく荒れないのか?

 それは、そうとも限らない。2着、3着には7〜9番人気の伏兵馬がたびたび突っ込んできている。狙うなら、そこだろう。

この記事の続きを読む

1