日本のフルバックは譲らない。松島幸太朗がストイックにパワー増強中

 9月2日、東京・秩父宮ラグビー場。国内最高峰のトップリーグ第3節で、昨季王者のサントリーがヤマハと激突した。

 サントリーのフルバックには現・日本代表の松島幸太朗が入り、ヤマハのフルバックには2季ぶりにトップリーグに復帰した五郎丸歩。ふたりは、2015年のワールドカップ(W杯)イングランド大会でともに戦った間柄でもある。

 W杯でフルバックとして活躍した五郎丸はこの大会を最後に日本代表から離れ、それまでウイングなど別のポジションをやっていた松島がそこに入った。そのため、試合前から"新旧日本代表フルバック対決"として注目を集めた。

 松島はハーフタイム直前に自陣の深い位置で防御の裏をカバーして突破する五郎丸をタックル。さらに、五郎丸が得意とするロングキックに素早く対応し、何度もハーフライン付近まで蹴り返した。

「緊迫した試合だったので、チームが勝つことにフォーカスしました。自分たちが優位に試合を進めていけば、そのなかで自分の(得意な)プレーも出てくると思ったので......」

 ボールを持てば、堅守で鳴らすヤマハの防御網へ鋭く切り込む。本来はタックラーを巧みにかわすステップワークを持ち味とする松島だが、この日はあえて直線的な動きに終始した。

「今日は細かくステップを切っても抜けない日だなと思って。フィジカルに......と切り替えて、スペースに思い切り走り込みました」

 試合は終了間際に小野晃征が逆転トライを決めて、サントリーが27−24で勝利した。その瞬間、それまでクールな表情を崩さなかった松島の顔がほころんだ。

この記事の続きを読む

1