エスパルスに悪夢の再現はあるのか。怖いのは「降格に怯える心理」

 尻に火がついた、とは言わないまでも、尻のあたりが徐々にくすぶり始めているのは確かだろう。J1復帰1年目の清水エスパルスが目標のJ1残留へ向け、"産みの苦しみ"を味わっている。

 前節(第26節)終了時点で13位の清水は、第27節で同15位のサンフレッチェ広島とホームで対戦。順位では上に立つ清水だが、最近5試合(第22〜26節)の成績は、2勝1敗2分けの広島に対し、清水は1勝4敗。勢いという点では、明らかに広島に分があった。

 監督交代により現実的な戦い方に舵を切った広島は、堅守速攻の形が数字にも表れており、最近5試合の総失点はわずかに2。総得点も3と少ないが、粘り強く守って少ないチャンスを生かす戦い方が功を奏している様子がうかがえる。

 その一方で、清水は守備が安定せず、最近5試合で総失点は実に11。敗れた4試合はすべて複数失点を喫している。これだけ失点がかさむと、勝つどころか、引き分けて勝ち点1を確保するのも難しい。

 はたして対照的な戦いぶりを見せる両者の対戦は、このところの勢いを鮮明に映し出す結果となった。

 先制したのは広島。試合開始から間もない6分、右CKからDF水本裕貴のヘディングシュートがきれいに決まってリードを奪った。

 だが、その後の試合は、概(おおむ)ね清水が主導権を握っていたと言ってもいい。前半はボールを保持する時間こそ広島が長かったが、効果的な攻撃でゴールに迫る回数では清水が上回っており、後半に入ってからは清水が広島を圧倒していた。

この記事の続きを読む

1