新星馬と古豪馬。スプリンターズSは「ダ」で始まる2頭が狙い目ダ!

 今週末10月1日、中山競馬場で秋のGIシリーズ第1戦のGIスプリンターズS(芝1200m)が行なわれる。当日はフランスでGI凱旋門賞があり、そちらも注目だが、このスプリンターズSもスターホースこそ不在だが、実力馬が揃い混戦模様。予想しがいのある楽しみな一戦だ。筆者は中でもダイアナヘイロー(牝4歳/福島信晴厩舎)とダンスディレクター(牡7歳/栗東・笹田和秀厩舎)に注目している。

 まずはダイアナヘイロー。6月の時点では500万下にいた馬で、この夏4連勝でGIII北九州記念(8月20日/小倉・芝1200m)を勝利し、ここに臨んでくる"新星"だ。もっとも、3歳時の昨年上半期にはOPエルフィンS(京都・芝1600m)2着、GIIフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)4着と重賞、オープン特別で差のない競馬をしている。2着以下に2馬身半差をつけた新馬戦(京都・芝1600m)や、サイタスリーレッドに4馬身差をつけた3歳500万下(京都・芝1200m)などでも素質の片鱗は見せていたので、"新星"というより、ようやく重賞戦線に戻ってきたと見ている人も多いだろう。好位2番手から競馬ができるスピードと器用さを持ち、北九州記念の勝ち時計も1分07秒5と合格ライン。このメンバーでも十分勝ち負けできる存在だ。

 ダイアナヘイローは血統も魅力的だ。父キングヘイローは2000年のGI高松宮記念(中京・芝1200m)勝ち馬で、父としてもスプリンターズS、高松宮記念を勝ったローレルゲレイロを出している。牝系はサッカーボーイ(GIマイルCS)、ステイゴールド(GI香港ヴァーズ)、ショウナンパンドラ(GI秋華賞)などが出た名門で、3年前のこのレースの勝ち馬で、今年も出走予定のスノードラゴンも同じ一族。父系も牝系もこのレースに縁のある血統だ。

この記事の続きを読む

1