凱旋門賞でサトノダイヤモンドと戦う「国際エリート馬」の華麗な戦歴

 日本からサトノダイヤモンド(牡3歳、父ディープインパクト)、サトノノブレス(牡6歳、父ディープインパクト)の2頭が出走するGI凱旋門賞(10月1日/シャンティイ競馬場、芝2400m)。これまでも、多くの日本の名馬を退けてきた欧州の厚い壁だが、今年も強力なメンバーが揃う見込みだ。

 目下、ブックメーカーを含めた下馬評の1番人気は、現在4つのGIを含む5連勝中のエネイブル(牝3歳、父ナサニエル)だ。3歳になって2戦目の準重賞チェシャーオークス(5月10日/チェスター・芝2300m)を勝利すると、ここからGIの連勝街道をまっしぐら。しかも、2着馬との着差が、英国オークス(6月2日/エプソム・芝2400m)が5馬身、アイリッシュオークス(7月15日/カラ・芝2400m)が5馬身半、古馬初対戦のキングジョージVI&クイーンエリザベスS(アスコット/芝2400m)が4馬身半、ヨークシャーオークス(8月24日/ヨーク・芝2400m)が5馬身と、それぞれの勝ちっぷりが圧倒的で、1番人気も十分うなずける。

 すでに距離もこなしており、有利とされる3歳牝馬だけに死角を見つけるのが難しい。あえて不安を挙げるとすれば、負担斤量が、3歳牡馬が56.5kg、3歳牝馬が55kgとなり、古馬との差が0.5kg縮まったことだ。

この記事の続きを読む

1