灼熱、豪雨、脱水...アロンソ、ペレスらが惜しむ最後のマレーシアGP

 クアラルンプールの街やKLIA(クアラルンプール国際空港)の周辺には、「F1」と「フィナーレ」をかけた「F1NALE」のキャッチコピーを掲げた看板があちこちに立ち並んでいた。日本GPに次ぐアジアで2番目のグランプリとして1999年から開催されてきたマレーシアGPが、19回目の今年で終わりを迎える。

 セパンでは、さまざまなドラマが生まれてきた。

 2003年は予選でフェルナンド・アロンソ(当時ルノー)が初ポールポジションを獲得。決勝ではキミ・ライコネン(当時マクラーレン・メルセデス)が初優勝し、アロンソは初表彰台を獲得した。

 2009年には豪雨で赤旗中団となり、31周でレースが終わった。同じく豪雨の赤旗を挟んだ2012年は、ザウバーの戦略が当たったセルジオ・ペレスがアロンソ(当時フェラーリ)を追いかけ回し、優勝まであと一歩というところまでいった。

 2013年にはレッドブルのセバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーが激しいバトルになり、ウェバーを勝たせる「マルチ21」というチームオーダー暗号が話題になった。昨年は独走していたルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)がまさかのエンジンブローに見舞われ、レッドブル勢同士の戦いの末にダニエル・リカルドが優勝した。

この記事の続きを読む

1