サトノもいいけど馬券も獲りたい。現地から凱旋門賞のオッズ&馬場情報

 いよいよ発走間近に迫った今年の凱旋門賞(ロンシャン・芝2400m)。高速決着だった昨年と打って変わって、今年は重馬場でのレースが見込まれている。今週に入って、まとまった雨は降ることがなく、サトノダイヤモンドの好走を願うファンや陣営としては「なんとかこのままで」と願っていたが、レースを翌々日に控えた9月29日金曜日の夜から、かなり強い雨脚での降雨があった。激しい雨は1〜2時間で収まったが、徐々に乾きつつあった馬場が、再び水を含んでしまうことが懸念された。

 それだけに正直なところ、サトノダイヤモンドの勝利の可能性は小さくなり、出走取りやめもあるのではないかと思われたほどだった。日本ではあまりそういうケースはないが、欧米やオーストラリアでは馬場状態を嫌っての出走取り消しというのは日常的にあることだ。合わない馬場で無理をせず、勇気ある撤退もアリなのではないか......。

 しかし、土曜日の朝、報道陣の前に姿を現した池江泰寿調教師の口から、そういった類の話が出ることはなかった。当然といえば当然かもしれないが、池江調教師をはじめとした陣営の凱旋門賞への想いの強さが伺えた。

 土曜日は午前中から日差しも強く、また、強くはないものの風も間断なく吹いた。馬場状態は、フランスの馬場水分量を表す数値であるペネトロメーターが3.4でスタート。その後、3.6へと推移したが、それでも水曜日午前中に発表された3.7よりも乾燥しているというものだった。水曜日の数値はフォワ賞当日の馬場と同じで、考えていたほど重い馬場ではないのではないかと思われる。

この記事の続きを読む

1