本田武史によるGPシリーズ展望。男子は羽生、宇野ら6人+新鋭にも注目

【本田武史のGPシリーズ展望 男子編】

 10月22日からスタートする、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ。トップ選手が揃うこのシリーズは、来年2月に控える平昌五輪の"前哨戦"となる。4年前の、ソチ五輪を前にした2013年のGPファイナルでは、羽生結弦がパトリック・チャンを破って初優勝し、五輪でも金メダルを獲得した。

 また、今年のGPファイナルは名古屋で行なわれるため、例年以上に注目度が高まることは間違いない。果たして、どんな勝負が繰り広げられるのか。選手として五輪2大会に出場し、現在は解説者を務める本田武史氏に、まずは羽生結弦、宇野昌磨の活躍が期待される男子の見どころを聞いた。

***

 間もなく開幕を迎える今年のGPシリーズは、平昌五輪を占う戦いになります。

 男子は、いきなり第1戦のロシア杯で、平昌五輪で2大会連続の金メダルを狙う羽生結弦選手と、最大のライバルと目されるネイサン・チェン選手(アメリカ)が対戦します。お互いに独自の世界観を持っている2人なので、淡々と自分の演技に集中するんじゃないでしょうか。昔の"アレクセイ・ヤグディンvsエフゲニー・プルシェンコ"みたいな「絶対にこいつに負けたくない」というバチバチの戦いではなくて、「俺は俺でこれをやりますよ」という感じになるのかなと思います。

この記事の続きを読む

1