MLBディビジョンシリーズ展望。田中将大の登板に2つの不安要素

【MLBポストシーズン2017】
ディビジョンシリーズ展望@ア・リーグ編
 2017年のポストシーズンがついに開幕。ア・リーグのディビジョンシリーズは東地区1位のボストン・レッドソックス(93勝69敗・勝率.574)vs.西地区1位のヒューストン・アストロズ(101勝61敗:勝率.623)、もうひとつは中地区1位のクリーブランド・インディアンス(102勝60敗・勝率.630)vs.ワイルドカードゲームを制した東地区2位のニューヨーク・ヤンキース(91勝71敗・勝率.562)というカードになりました。

※カッコ内はレギュラーシーズン成績。

 まず、「レッドソックスvs.アストロズ」のカードでは、第1戦からメジャー屈指のエース対決が見られそうです。レッドソックスの先発は最強左腕のクリス・セール(17勝8敗・防御率2.90)、そして対するアストロズの先発は元投手3冠のジャスティン・バーランダー(15勝8敗・防御率3.36)。どちらも負けられないチームの精神的支柱だけに、この結果がシリーズの行方を左右するかもしれません。

 レッドソックスの武器は、先発・プルペンともに分厚い戦力を誇る自慢のピッチャー陣でしょう。先発ではエースのセールが勝ち星(リーグ2位)、防御率(2位)、奪三振(308個/メジャー1位)で好成績を残し、今季も絶好調。第2戦以降もセールと同じ勝ち星を挙げたドリュー・ポメランツ(17勝6敗・防御率3.32)、昨年サイ・ヤング賞に輝いたリック・ポーセロ(11勝17敗・防御率4.65)が控えています。

この記事の続きを読む

1