毎日王冠のマカヒキ。復活か、それともダービーで燃え尽きていたのか

 秋の古馬GI戦線を前にして、その前哨戦となる重賞が東西で開催される。関東では10月8日にGII毎日王冠(東京・芝1800m)が、関西では10月9日にGII京都大賞典(京都・芝2400m)が行なわれる。

 果敢に古馬戦線に挑む3歳馬や、初のGIタイトルを目指す上がり馬、さらに実績豊富な実力馬など、それぞれのレースに多彩なメンバーが顔をそろえた。そのなかでも注目したいのが、復活に向けて牙を研ぎ、毎日王冠に臨む昨年のダービー馬マカヒキ(牡4歳)である。

 ちょうど1年前、今年はサトノダイヤモンドが挑んだ凱旋門賞(シャンティイ・芝2400m)に出走。そこで14着と大敗して以来、やや低迷している。帰国後初戦のGII京都記念(2月12日/京都・芝2200m)では、1番人気に推されながら3着。今年からGIに昇格した大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)でも2番人気で4着と、大崩れはしていないものの、「ダービー馬」の看板を背負う馬としては、いささか物足りない成績が続いている。

 ダービー馬はダービーで燃え尽きてしまうのか――。

この記事の続きを読む

1