女子テニス「94年組」座談会。人の話を聞かない困ったちゃんは誰?

「94年組」――いつ誰が言い出したか、日本女子テニス界にはいつしか、そう呼ばれる選手たちがいる。ジュニア時代......いや、それこそ小学生のころから互いを知り、手垢のついた表現ではあるが「切磋琢磨」しながら高めあってきた友人にしてライバル。現在、四大大会など主要トーナメントに名を連ねる日本人の大半を占めるのが、実はこの94年生まれの選手たちだ。

 今年9月末に東京で開催された東レパンパシフィックオープンの本戦にも、単複含めて4人の「94年組」が出場。そこで、日ごろは日本で一堂に会する機会のあまりない皆さんに、このときとばかりに座談会をお願いした。

 集まると同時に「これって、真剣な感じなんですか?」と問う尾崎選手に、すかさず「真剣って、どういう意味!?」とツッコミを入れる面々。そんなに堅苦しくなく、でも皆さんの想いをそれなりに真剣に、リラックスしつつも少しばかりこそばゆい緊張感が浮遊するなかで、まずは互いが出会った日を振り返ってもらった。

【対談参加者】
■穂積絵莉(ほづみ・えり)
1994年2月17日生まれ。神奈川県出身。2013年全日本選手権優勝。ダブルスでは2016年に加藤未唯と組みカトヴィツェ大会を制してツアー初優勝。2017年の全豪オープンでも加藤と組んでベスト4に入り、シングルスでは予選を突破して本戦出場を果たした。

■尾崎里紗(おざき・りさ)
1994年4月10日生まれ。

1 2 次へ