SP新プログラムの本田真凜。日本女子フィギュアの主役になれるか

 9月に行なわれたチャレンジャーシリーズ、USインターナショナルクラシックで初優勝を飾り、鮮烈なシニアデビューを飾った本田真凜。来年2月に平昌五輪を控えた今季、果たして彼女は引退した浅田真央の後継者争いの主役となれるか。16歳の活躍に注目が集まるシーズンになりそうだ。

「いままでテレビで見ていた試合に出られる今季は、特別、自分の中で大きな試合はなくて、目標はまだ決めていませんし、自分がミスなく演技すれば、どこくらいまでのレベルにいられるのかはやってみないとわからないです。ジュニアの2年目のときのように追われている感はまったくなくて、どこまで行けるのかなと、自分でも楽しみながらワクワクしながらできている。いまはスケートの楽しさを感じています」

 先日のジャパンオープンに初出場した本田は、世界女王、エフゲニア・メドベデワとの練習で圧倒され、気持ちが引けてしまったという。そんな及び腰が影響したのか、試合では演技後半のジャンプでミスが重なって得点を伸ばせず、非公認ながら自己ベストをわずかに上回る133.41点を記録したものの、5位に終わった。

 それでも持ち味の表現面では、シーズン初戦の後、フリーを振付師のデビッド・ウィルソンに手直ししてもらい、修正箇所のステップとつなぎの部分はより力強く、メリハリのある演技になっていた。プログラム全体が引き締まったように見えた。

この記事の続きを読む

1