羽生結弦のライバルが選ぶ戦略。ハビエルは表現力、チェンはジャンプ

 来年2月に開催される平昌五輪。フィギュアスケート男子シングルのメダル争いで、羽生結弦や宇野昌磨ら日本勢のライバルになる新鋭ネイサン・チェン(アメリカ)と前世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)の2人が、ジャパンオープンにそろって顔を見せた。フリーのみで競われた大会結果は、4回転のトーループとサルコウの2本しか跳ばなかったフェルナンデスが、計4本も跳んだチェンを抑えて男子のトップになった。

 ジャンプで大きなミスを出さなかったフェルナンデスは、ブライアン・オーサーコーチが愛弟子のために数年前からアイデアを温め、満を持して作ったという「ラ・マンチャの男」のプログラムを見応えある演技力でまとめた。演技構成点でただひとり90点台の93.14点の高得点をマーク。技術点でもチェンを上回る96.33点を出して気を吐いた。

「オリンピックでやる演目としては、このプログラムはぴったりで素晴らしいと思っています。母国のスペインに関係していますし、ラ・マンチャの男というキャラクターはいろいろな解釈が可能な点も興味深い。そして、これまでの自分のスケートキャリアをいろいろな要素を使って表現できるプログラムになりました」

 フェルナンデスにキャラクターを演じさせたら、男子スケーターの中で右に出るものはいないだけに、五輪用に作った勝負のプログラムは大きな助けになることは間違いない。ジャパンオープンのフェルナンデスは本調子にはほど遠かったが、それでもまずまずの得点評価を出せたことは、五輪に向けても自信となったはずだ。

この記事の続きを読む

1