鈴木尚広が占うセ・リーグCS。メッセ対DeNA打線で流れが決まる

 いよいよクライマックスシリーズ(CS)が始まる。セ・リーグはファーストステージで阪神とDeNAが対戦し、勝ち上がったチームがファイナルステージで広島と日本シリーズをかけて戦う。はたして、日本シリーズに進出するチームはどこなのか。昨年まで巨人で20年間プレーし、"神の足"を武器に黄金期を支えた鈴木尚広氏にセ・リーグのCSを占ってもらった。
 私も現役時代にCSを何度も経験しましたが、やはりシーズンとは違う独特の雰囲気があります。ひとつのミスが命取りになりますし、一度でも流れを失ってしまうと簡単に取り戻せません。

 実際、2014年に巨人はリーグ優勝を果たしたものの、CSファイナルで阪神に1勝もできぬまま敗退してしまいました。いま思い出しても、なぜ負けたのかわかりません。決してチームの状態は悪くなかったと思います。2戦目までにひとつでも勝っていれば、まったく違った展開になったと思います。でも、最後まで阪神の勢いを止めることができなかった。あらためてCSの怖さを思い知らされましたね。

 CSは日本シリーズと違い移動日がなく、そのため実力以上に勢いがモノをいう戦いになります。そういう意味で、今いちばん勢いを感じるのがDeNAです。

 巨人との熾烈な3位争いを制して、2年続けてCSの舞台へとたどり着きました。これはチームにとってものすごく自信になったと思います。

 今年のDeNAの戦いを見て思うことは、規定打席に到達した選手が6人もいるように、シーズンを通してある程度レギュラーを固定することができたということ。そのため選手が自分の役割をしっかり理解しており、作戦面において幅が広がった印象があります。

この記事の続きを読む

1