建山義紀が占うパ・リーグCS。カギは菊池×ウィーラー、則本×山川

 まもなく始まるクライマックスシリーズ(CS)。パ・リーグはメットライフドームでファーストステージの西武と楽天の一戦が行なわれ、その勝者がヤフオクドームでソフトバンクとファイナルステージを戦う。2017年のパ・リーグCSはどのような展開になるのか。現役時代は日本ハムなどで、主に中継ぎとして活躍した解説者の建山義紀氏にCSの行方を占ってもらった。
 楽天はシーズン序盤からものすごい勢いで勝ち続け、このまま最後まで行ってしまうのではないかと思わせる戦いぶりでした。しかし、夏場に差しかかる頃から調子を落としてしまう選手が続出。さらに松井裕樹など、代えのきかない選手が故障で離脱し、一気に崩れてしまいました。

 一方の西武は、新戦力がこれまでチームに足りなかった部分にピタリとはまったことが大きかった。特に、源田壮亮とブライアン・シュリッターのふたりは、昨年までなかった"つなぎ"という役目を見事に果たしました。

 源田はルーキーながら全試合に出場し、クリーンアップにつなぐ"不動の2番"打者として活躍。シュリッターは抑えの増田達至につなぐセットアッパーとしての任務をまっとうしました。彼らがいたからこそ、最後まで西武の戦いができたと言っても過言ではありません。

 ちなみに、今季の両チームの直接対決は西武の16勝8敗1分。特に8月以降は11勝1敗と、西武の一方的な展開になりました。正直、西武に不安材料はないと思います。CSファーストステージ初戦での先発が予想されている菊池雄星は、楽天戦に8試合登板して8勝0敗、防御率0.82と圧倒的な数字を残しています。

この記事の続きを読む

1