ナ・リーグ決戦は「剛腕ダル&スーパーリリーバー前田」がダブル主演

【MLBポストシーズン2017】
リーグチャンピオンシップシリーズ展望@ナ・リーグ編
 ア・リーグの「ヒューストン・アストロズvs.ニューヨーク・ヤンキース」に続き、ナ・リーグのリーグチャンピオンシップシリーズ「ロサンゼルス・ドジャースvs.シカゴ・カブス」もついに幕を開けます。

 メジャー最多の104勝をマークして西地区を制したドジャースは、ディビジョンシリーズでワイルドカードから勝ち上がった西地区2位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスに3連勝。ひとつも負けを喫することなく、2年連続でリーグチャンピオンシップシリーズに駒を進めました。今季レギュラーシーズンで8勝11敗と負け越していた相手だけに、苦手を克服してのナ・リーグ頂上決戦進出です。

 対する中地区1位のカブスは東地区1位のワシントン・ナショナルズと対戦し、第5戦までもつれ込みましたが、最後は3勝2敗でディビションシリーズを制しました。近年強豪チームとなったカブスは3年連続でのリーグチャンピオンシップシリーズ進出です。

 ポストシーズンでの「ドジャースvs.カブス」は、昨年に続いてこのリーグチャンピオンシップシリーズでの対戦となります。昨年は4勝2敗でカブスがドジャースを下してワールドシリーズに進み、最後は108年ぶりの世界一に輝きました。カブスはこのドジャース戦に勝利して弾みをつけた印象でした。

この記事の続きを読む

1