田中将大の次なるミッションは「小さな巨人と因縁の投手」を倒すこと

 まず、現地時間10月13日にヒューストンで行なわれた、ア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発したヤンキースの田中将大のピッチングが、極めて上質だったことを記しておきたい。

 得点、チーム打率が高いアストロズの強力打線を相手に、6回を4安打1四球2失点。重圧のかかるシリーズ初戦の先発投手として、打者有利のミニッツメイド・パークでこの内容ならば十分に合格点である。『FOX SPORTS1』でヤンキースvsアストロズ戦の解説を務めたジョン・スモルツも、「田中はこのスタジアムで凄い仕事をしている。スプリットに頼ることなく、速球とスライダーで打者を攻めることができている」と絶賛していた。

 現役時代に通算213勝、154セーブを挙げたスモルツの言葉通り、田中は"伝家の宝刀"スプリットに依存せず、キレのいい真っ直ぐとスライダーを多投した。アストロズの主力に右打者が多かったことに加え、相手の裏をかく意図もあったのだろうが、94マイル(約151km)前後の速球と、きれいに横滑りするスライダーを中心とする投球からは"本格派"の雰囲気が漂った。

 ヤンキースの"救世主"となった地区シリーズ第3戦も含め、今プレーオフでは計13イニングで2失点のみ。シーズン中まで遡れば、過去8試合中6戦を2失点以下に抑えてきた。今シーズンは波の激しさばかりが指摘されたが、ここにきてベストに近い状態を保っている。

この記事の続きを読む

1