シュツットガルト浅野拓磨、「ライバルの活躍を喜べない苦悩」を告白

 8月31日、W杯アジア最終予選オーストラリア戦で、浅野拓磨(シュツットガルト)は日本をW杯に導くゴールを決め、一躍、時の人となった。代表のメンバーに定着しつつあるフレッシュで希望に溢れた浅野の活躍は、少し大げさに言えば日本代表の明るい未来と世代交代を感じさせた。

 とはいえ、オーストラリア戦はピンポイントの活躍にすぎない。浅野には次のレベルへのステップアップと継続的な活躍が求められる。22歳にそれは決して求めすぎではないはずだ。だが、日本代表の10月の2試合では満足な結果を残したとは言えず、モヤモヤを抱えたまま、ドイツに戻った。

 ブンデスリーガ再開初戦となるケルン戦、浅野はベンチで90分間を過ごした。他のゲームより早い金曜日開催だったこともあり、コンディションを考慮されたのかと尋ねると、「いや、それは関係ないと思います」と答えた。確かに対戦相手、ケルンの大迫勇也はフル出場している。

 今季の浅野はシュツットガルトでのレギュラー争いで苦戦している。第9節まで先発は2回でフル出場は1回、途中出場4回。キッカー誌による採点の平均も4.25とチームワーストから2番目だが、そもそも一定時間出場しないと採点対象にならないため、対象試合は2試合しかない。

この記事の続きを読む

1