坂口佳穂、ビーチバレー3年目はプレーもパートナーも安定せず

 ビーチバレーボール3年目のシーズンで奮闘を続ける坂口佳穂(21歳/マイナビ)が、今季最後の公式戦『ビーチバレー川崎市杯』(10月7日〜8日/川崎市・川崎マリエン)に挑んだ。

 今年で9回目を迎える川崎市杯。今季は国内のトップツアーであるジャパンビーチバレーボールツアー2017には組み込まれていないものの、昨年まではツアー終盤の大事な1戦だったステータスの高い大会である。

 その会場となるのは、川崎マリエン。坂口が日々練習を重ねているコートだ。坂口としては、今シーズンの集大成として、是が非でも結果を残したいところだった。

 そして今回、ペアを組んだのは、小野田恵子(34歳)。細身ながらボールコントールがうまく、対応力の高い選手である。坂口が本格的にビーチに取り組み始めた2015年、トップツアーで初めてペアを組んだのが小野田で、坂口にとっては頼りになるプレーヤーだ。

 大会は8チームによるシングルトーナメントで行なわれ、1回戦の相手は鈴木千代(23歳)&浦田景子(39歳)ペアだった。

 鈴木&浦田ペアとは、7月に行なわれたジャパンツアーの大洗大会でも対戦。フルセットの末、破っている。坂口としては、今シーズン4度目の対戦となり、相手のアップテンポの攻撃への対応も十分のはずだった。

この記事の続きを読む

1