予選会4位も「伸びしろ」あり。山梨学院大が箱根駅伝ダークホースに

 1月の箱根駅伝では上位を期待されながら、インフルエンザで主力を欠いて17位と予想外の結果に終わり、シード落ちした山梨学院大。今年も、大砲のドミニク・ニャイロ(3年)のほか、上田健太(4年)や市谷龍太郎(4年)、永戸聖(3年)と1万m28分台の選手を擁し、本番でも往路で台風の目になり得る力を持ったチームだが、10月14日の予選会では4位と少し抑え目の走りをした。

 体調不良の市谷と前回9区を走った古賀裕樹(4年)がメンバーを外れ、登録メンバー14名のうち4年が3名で、箱根経験者は5名だけ。

「ニャイロと健太と永戸、久保和馬(3年)と藤田義貴(3年)、河村知樹(4年)は少し前で走らせて、ほかは大集団の後方でスタートして後半から上がってくる走りをさせた」と上田誠仁監督は言う。

「後方の選手たちもひとつ前のグループについて淡々と走らせる手もあったと思いますが、この予選会は絶対に外せない大会でもあります。今回のメンバーの大半は予選会どころか、高校時代に全国高校駅伝やインターハイの経験もない県大会止まりの選手たちでした。体調的にはよかったものの、浮き足立ったりストレスを感じたりしないかという心配もあったので、1位通過を狙うのではなく少し抑え気味に走らせた。でも彼らもこの舞台を経験したことでアスリートとしての成長もあったと思う。今後はそこに期待をして見ていきたい」(上田監督)

この記事の続きを読む

1