【木村和久連載】ラウンド中の、恥ずかしいトラブルショットあるある

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第126回
 先日、友人が池の縁(ふち)のボールを打とうとして、靴と靴下を脱いで、水の中からのショットを試みたのですが、意外な展開となりました――。

 このようにラウンド中に起こるアクシデントやトラブルを"あるある"風に紹介していきたいと思います。

(1)ウォーターショット、または足を水の中に入れてのショット
 冒頭の友人の話の続きです。その友人は、池の縁に止まったボールを打つ際、スタンスが取れないため、裸足になって池の中に片足をそろりと入れました。すると、ヌルッと滑って、危うく転びそうになったのです。

 実は、池の底は緩やかな傾斜になっている場合が結構あります。しかも、非常に滑りやすいのです。

 何年か前に、池の中で転んだプレーヤーが、そこから這い上がろうとしたけど、池の傾斜がツルツルと滑って、もがいているうちに亡くなる、という痛ましい事件が起きています。

 そういうことを思い出して、転びそうになった友人に「危険だからやめよう」と促しました。それには、本人も素直に同意。水中ショットを諦めて、1打罰にして打ち直しました。

 いや、ホント、たった1打で大惨事になる可能性がありますからね。水回りでのショットはマジで注意が必要ですよ。

この記事の続きを読む

1