孤立したマインツ武藤嘉紀。「いや、強いですねえ」とシャルケに完敗

孤立したマインツ武藤嘉紀。「いや、強いですねえ」とシャルケに完敗

孤立したマインツ武藤嘉紀。「いや、強いですねえ」とシャルケに完敗の画像

 ブンデスリーガ第9節シャルケ対マインツの一戦は、2−0という結果以上に、現時点での両チームの力の差が明らかになった試合だった。


シャルケ戦にフル出場したが、無得点に終わった武藤嘉紀

 シャルケは今季、ドメニコ・テデスコが新監督に就任し、欧州戦もないため国内リーグに集中できている。昨季から強化、編成の指揮をとるクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)の色も濃くなり、今季こそ上位に返り咲きたいところだ。

 一方、マインツも昨季15位に終わって監督が交代。新たに迎えたサンドロ・シュヴァルツ監督がそのカラーを出そうとしているが、なかなかうまくいかない。ちなみにシャルケのハイデルSDは、16年夏にマインツから引き抜かれたという因縁があった。

 今季のシャルケが久々に上位進出を狙えるチームだということは、8月の移籍期限ギリギリまで在籍した内田篤人(ウニオン・ベルリン)も認めていた。内田曰く、テデスコは限りなく戦術的で「まるでサッカーゲームのように」指揮をとるという。選手が不安を口にしても「言った通りにプレーすればうまくいくから」と自信を与え、連係を確立していくのだ。基本システムは3−5−2で、基本的に3バックはディフェンシブに構える守備から入る形だ。内田が「たぶん今季のシャルケは強いと思うよ。いい選手もいるし」と言うように、各ポジションに好選手がバランスよく配されているのだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)