「キタサンブラックが負けるとすれば天皇賞・秋」という記者の真意は?

「キタサンブラックが負けるとすれば天皇賞・秋」という記者の真意は?

「キタサンブラックが負けるとすれば天皇賞・秋」という記者の真意は?の画像

「”打倒キタサンブラック”を狙う馬にとっては、今回が最大のチャンス」

 そう語るのは、関西の競馬専門紙記者である。

 先日、陣営から「年内に3戦して引退」と発表されたキタサンブラック(牡5歳)。無論、陣営としてはその3戦、天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)、ジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)、有馬記念(12月24日/中山・芝2500m)の「3つとも勝って、心置きなく引退」という最高の形を目論んでいるはずだ。だが、その最初の一戦、天皇賞・秋こそ「最も負ける可能性が高い」と、専門紙記者は言うのである。


今春の天皇賞・春ではレコード勝ちを飾ったキタサンブラック

 やはり、およそ4カ月前の宝塚記念(6月25日/阪神・芝2200m)惨敗の影響があるのだろうか。

 なにしろ、大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)、天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)とGIを2連勝した「現役最強馬」が、勝負どころで何の抵抗もできずに馬群に沈んだのだ。単勝1.4倍と断然の1番人気に支持されながら、勝ったサトノクラウン(牡5歳)から1秒以上も離されての9着。これほどの大敗は、それまでに16戦して3歳時の日本ダービーだけである。その影響をそのまま引きずっていたとしても、確かにおかしくない。
 そもそも宝塚記念の敗因は何だったのか。

 さまざまな理由が取り沙汰されていたが、結局のところは、春のGIを連戦してきた疲れがあった、と言われる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)