ダルビッシュ炎上、前田健太ロングで負った、ドジャースの傷を考える

ダルビッシュ炎上、前田健太ロングで負った、ドジャースの傷を考える

ダルビッシュ炎上、前田健太ロングで負った、ドジャースの傷を考えるの画像

 ダルビッシュ有とドジャースにとって”悪夢”のような2回だった。
 10月27日、ヒューストンのミニッツメイド・パークで行なわれたワールドシリーズ第3戦。1勝1敗のタイで迎えた大事なゲームで、ドジャースの先発マウンドに上がったダルビッシュへの期待は大きかった。シーズン中まで含めて、過去5戦では4勝0敗、防御率0.88という数字を見る限り、初のワールドシリーズは最高の舞台になるかと思われた。

2回途中で降板し、肩を落とすダルビッシュ

 しかし――。初回こそ、先頭のジョージ・スプリンガーに2塁打を許しながらも無得点に抑えたが、ダルビッシュの制球が定まっていないのは明らかだった。そして、2回表が早くも決定的なイニングとなってしまう。
「(真っ直ぐは)全体的に4シームも2シームも悪くなかった。ただ、スライダーがよくなかった。スライダーがよくないとカーブも投げられない。それで速い球に合わされてしまったかな」
 ダルビッシュが試合後にそう話した通り、変化球のコマンドが乱れたことが命取りになった。シーズン中の平均打率と得点がメジャー1位だったアストロズは、限られた武器でごまかせる打線ではない。この回、5番ユリエスキ・グリエルに豪快な一発を左翼に叩き込まれたのを皮切りに、ジョシュ・レディックに左翼への2塁打、エバン・ガティスに四球、マーウィン・ゴンザレスに左越え適時打、ブライアン・マッキャンに中前適時打と、驚くほどのメッタ打ちを食らった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)