【木村和久連載】『みんゴル』で思い出した、巨匠ピート・ダイの秘話

【木村和久連載】『みんゴル』で思い出した、巨匠ピート・ダイの秘話

【木村和久連載】『みんゴル』で思い出した、巨匠ピート・ダイの秘話の画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第128回

 スマホ版『みんなのGOLF』が登場し、話題になっているようです。私も初期のプレイステーション版は結構やっていたので、昔を懐かしんでトライしてみました。

 感想を言うと、スマホ版のわりには”こってり”した内容で、単純明快とはいきません。無料でそこそこ遊べるし、ゲーム好きにとっては、結構ハマってしまうのではないでしょうか。

 そんなわけで、今回はプレイステーション版の『みんなのGOLF』が登場した20年前、1997年頃のお話をしたいと思います。

『みんなのGOLF』との最初の出会いは、雑誌の企画でした。ゲームの制作側と対談することになったんです。とある練習場の豪華なVIPルームで撮影しながら、「コース設計はどうしているのか」といった話で盛り上がりました。

 そうして、当時からコース設計にすごく興味があったので、「このゲームには井上誠一とピート・ダイの設計理念が入っている気がするんですけど?」と、制作サイドの方に質問をしました。

 すると、先方は「まさにそのとおり。ふたりの巨匠のコースを丹念に調べて、そのエッセンスを取り入れている」とのことでした。制作サイドの方の話をさらに詳しく聞くと、井上誠一氏はすでに他界されていて無理でしたが、なんとピート・ダイ氏へのインタビューは実現できたそうなんです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)