北澤豪が語る「あの事件」へのプロセス。代表は暗く、沈んでいた…

北澤豪が語る「あの事件」へのプロセス。代表は暗く、沈んでいた…

北澤豪が語る「あの事件」へのプロセス。代表は暗く、沈んでいた…の画像

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第3回
日本初のW杯、衝撃の落選メンバー発表〜北澤豪(1)




 1997年秋、日本代表はフランスW杯アジア最終予選を戦っていた。

 北澤豪が連絡を受けたのは、10月中旬のことだった。Jリーグが終了し、北澤は代表に呼ばれることを想定して沖縄で自主トレをしていた。そこに、サッカー協会から代表招集の連絡が入って急きょ東京に戻ってきた。

 すると、代表の岡田武史監督からも電話がかかってきた。

「おまえを(次のUAE戦から)呼びたいと思っている。でも、自分で戦う決断をしない限り、これから先は戦える場じゃない。代表に来るかどうかは、自分で決めてくれ」

 その言葉を聞いて、北澤はイラッときたという。

「(岡田監督は)『何言ってんだ』って思ったよ。『おまえが必要だから』って言ってくれれば、『よっしゃ!』っていう気持ちになるのに、『自分で決めろ』って、『なんだそれ』って思った。

 俺は(アウェーの)カザフスタン戦とウズベキスタン戦を見て、代表をなんとか救いたいと思っていた。そういう状況を知っていて『(代表には)行きません』とか言う選手がいるって、(岡田監督は)考えていたのかな? サッカー選手なら、それは絶対にないよ。だから、俺は『当たり前じゃないですか、行くに決まっているじゃないですか』って、即答したよ」
 代表を救いたい――北澤の思いはその一心だった。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)