呪われているのか、フロンターレ。はかなく夢は散り、8度目の準優勝

(足りないものは?との問いに)それがわかっていたら、優勝していると思う」
 おそらく、経験値では川崎Fのほうが上だっただろう。しかしサッカーとは、どれだけの経験値を積み上げても同じ試合はふたつとなく、経験をもとに周到に準備をしても、想定外のケースが起こり得る。
 この試合で起きた想定外とは、開始1分の失点だろう。なんでもないボールを、センターバックのDFエドゥアルドがまさかの後逸。FW杉本健勇に難なく、先制点を叩き込まれてしまった。
「最初で失点したのは、今季はほぼ初めてだと思う。それがこの決勝にきてしまっては難しい。こっちは隙を見せずに、隙を突こうというところで失点してしまったので」(中村)
 この失点の持つ意味はあまりに大きかった。C大阪に専守防衛を徹底されてしまったからだ。
 スコアが動いた後の試合は、川崎Fの一方的な展開だった。ほとんどの時間帯でボールを保持し、細かいパスワークでC大阪ゴールに迫る。しかし、自陣で人数をかけるC大阪の堅守をこじ開けるのは、一筋縄ではいかなかった。

「向こうは死に物狂いで、1点を守ろうという戦いに切り替えていた」(中村)
 守りを固める相手をどう崩すか――。これが、この日の川崎Fの最大のテーマとなっていた。しかし、ユン・ジョンファン監督のもとで組織的な守備を手にした今季のC大阪は、実にタフな相手だった。「割り切って守備に専念して、後はカウンターを狙うだけだった」。

関連記事(外部サイト)