ゴールの余韻に浸ることなく…。「試合を閉じた」アントラーズの強さ

ゴールの余韻に浸ることなく…。「試合を閉じた」アントラーズの強さ

ゴールの余韻に浸ることなく…。「試合を閉じた」アントラーズの強さの画像

 鹿島アントラーズの強さを垣間見たのは、得点直後だった。

 11月5日、浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ決勝に進出した関係で、他のカードに先立って「鹿島vs.浦和」のJ1第32節は行なわれた。


得点直後に集まって話し合いを試みる鹿島ディフェンス陣

 勝てばJ1連覇を大きく手繰り寄せる一戦で、鹿島が試合を決めたのは後半35分だった。右サイドバックの西大伍が上げたクロスに、MFレアンドロが大外から走り込む。右足でうまく合わせると、GK西川周作の股間を抜く値千金のゴールを決めた。待望の得点に攻撃陣は抱き合って歓喜する。殊勲のレアンドロはベンチに駆け寄ると、同郷であるDFブエノと熱い抱擁を交わした。

 彼らが喜んでいるなかで目を引いたのは、その後の行動である。キャプテンマークを巻くMF遠藤康のほか、DF陣が中心となって自然に集まると、何やら話しはじめた。DFリーダーの昌子源がその場面を振り返る。

「まずは剛さん(大岩剛監督)に(その後を)どうするのかを聞いた。守り切るのか、それともちょっと前から行って相手にアプローチするのか、という話をしました。でも、そこは最終的に自分らで判断したところが大きい。だから、(金崎)夢生くんから判断して、(前から守備に)行くところと行かないところもあった。そこはうまく対応できたかなと思います」
 得点した余韻に浸ることなく、すぐさま鹿島の選手たちは、その後どう戦っていくかを話し合っていたのである。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)