相手が強いと「面白いことをする」ハリル。ブラジルに何を仕掛けるか

相手が強いと「面白いことをする」ハリル。ブラジルに何を仕掛けるか

相手が強いと「面白いことをする」ハリル。ブラジルに何を仕掛けるかの画像

 ブラジルは、期待を裏切らない。

 世界との距離を測りたい日本代表にとって、いつだってブラジルは「正確なモノサシ」として存在してくれた。


ネイマールを筆頭とする強力攻撃陣をハリルジャパンはどう抑える?

 2分9敗――。

 日本はブラジルと過去11試合戦って、一度も勝っていない。とりわけ直近の4試合は大敗ばかりで、2006年のドイツ・ワールドカップでは1−4、ザックジャパン時代の2012年10月の親善試合では0−4、2013年6月のコンフェデレーションズカップでは0−3、そしてアギーレジャパン時代の2014年10月の対戦でも、ネイマールにハットトリックを決められて0−4と大敗した。

 なかでも印象深いのが、ポーランドのヴロツワフで行なわれた2012年の対戦である。

 序盤のブラジルは積極的にプレスを仕掛け、中盤でも激しく囲い込んできた。だが、12分に先制点を奪うと、ブラジルの戦い方が変わる。前からのチェイスを控え、低い位置に守備ブロックを築くと、前線のフッキ、オスカル、ネイマール、カカに素早くボールを預け、強烈な速攻を仕掛けてきたのだ。

 さらに48分に3点目を決めたブラジルは、ふたたびスタイルを変化させ、今度は日本陣内でボールを回し始めるのだ。それはゴールを狙うためだけでなく、日本を揺さぶるため、そしてボールをキープして日本に攻撃の機会を与えないためだった。
 前からのプレス、リトリートからの速攻、多目的のポゼッションという3つを使い分けたブラジルはまさに試合巧者だった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)